わきが手術の治療を断るケースも症状によってある

子供のワキガ対策について多くのパパやママが悩んでおります。手術を考えている方もいますが、まだ小さいので早いです。子供にも使えるワキガデオドラント(制汗剤)のご紹介や子供のワキガ対策方法を解説しております。
MENU

わきが手術の治療を断るケースも症状によってある

わきがの匂いに敏感な方、神経質の方に意外と多いのですが、ちょっとした匂いでも気になり、わきが手術のカウンセリングをに行かれるみたいです。ですが、わきがの症状が軽い場合、手術を断られるケースもあるみたいです。

わきがの症状が軽い場合は日常のケアで充分

 

わきがの症状にはレベルあって、軽度の症状の方もいれば、もちろん、重度の症状の方もいます。軽度のわきがの場合手術のリスクを背負ってする必要はないとみられ、日常でのわきがのケアをおすすめされます。

 

子供の場合すぐにわきが手術を進める医師もいるみたいですが、おすすめしない医師もいます。わきが治療の手術の方法は色々あり、切開する必要がある手術もあります。

 

まだ、手術を経験した事がない子供、手術を怖がる子供の年齢で、手術するのは、リスクがあります。いくら医学の進歩で痛くない手術だからといっても、多少の痛みはありますし、クリニックによって、痛みがあるところもあります。

 

子供がわきが手術をしてしまって、痛みがトラウマになってしまうこともあるみたいです。

わきがの症状が軽度ならデオドラント対策するべき

わきがの症状が軽度なら、デオドラント対策をすることをおすすめします。手術は成功した時のメリットが非常に大きいのですが、デメリットもたくさんあります。費用も保険がきかないことがほとんどです。重度の場合は保険がききますが、ほとんど保険適応外のところが多いみたいです。

 

手術をするクリニック、方法、医師の腕などにも関係しており、わきがの原因である汗腺、アポクリン腺を完全に取り除けない手術になりますので、再発する可能性が非常に高いです。

わきが手術をしても再発するケースが多い

わきが手術をしても、一時期的に匂いを抑えられたとしても、1年ぐらいしかもたなかったケースは意外と多いみたいです。再発してしまうってことですね。
そもそもわきがの手術というのは、100%アポクリン腺を取り除けます。といったことはないみたいです。

 

もしかしたら、残ってしまう前提で手術を行うみたいなので、再発する可能性が意外と高いみたいです。返金保証のあるクリニックもあるみたいですが、痛い思いをしたのに、元に戻ったなんてちょっとショックが大きいですよね。わきがの症状が重度の場合、デオドラントクリームなどがあんまり効果がない場合は手術をしてもいいと思いますが、軽度の場合は、デオドラントクリームで匂いを抑える事も可能です。

 

手術を考える前に、一度、わきがに効果があるデオドラントクリームを使うことから考えていってみてはいかがでしょうか?

 

>>子供のわきがに使えるおすすめなデオドラントクリームは?

このページの先頭へ